減量 食事 : ダイエットのためのランニング…始める前に必須の筋トレは?


ダイエットには様々な方法がありますが、結局のところ有酸素運動を継続する事以上に有効な方法は無いと言っても過言ではありません。特に毎日出来る簡単な有酸素運動であるランニングは、仮にダイエットを終えた後でも継続すべき健康法であり美容法です。
しかし、ランニングに付き物なのが怪我。特に足腰に与えるダメージは意外と知られていないため、ランニングに耐えうる足腰の状態でないのに過度な負担を掛けてしまって断念…なんて事も多いのです。
ではランニングを始める前に必要な準備はどんな事があるのでしょう?
まずはランニングがどの程度体に負担を掛けるかの知識が必要です。絶対的に覚えておく必要があるのが足に掛かる負担です。
これは体重の3倍以上にもなると言われており、60kgの体重であれば着地毎に180kg以上の負担が掛かっている事になります。もしも筋肉量の少ない状態でランニングを継続してしまうと、足の怪我を起こしやすい事は明白です。
そこでオススメしたい事が、本格的にランニングを始める前に足の筋力トレーニングを行う事です。特に足の中でも怪我の起こりやすい膝周りの筋力をアップさせ、いわば筋肉がコルセット代わりになる状態を作っていくの事が有効です。
膝周りの筋力アップといえば、スクワットです。その中でも主流なヒンズースクワットは相当に効果がありますので、是非継続する事をオススメします。
しかし、最初から張り切り過ぎて足がつってしまう程にはやらないで下さい。少ない回数から始めて、1日おき等のペースで行う事が良いでしょう。悪い例としては、毎日やる事がストレスになってしまう回数・ペースを目標として設定してしまう事です。何ならその時の気分次第でもいいくらいですので、やりたい分だけやる…というレベルから始めて下さい。
また、スクワットをやる事で今のご自身の体重が、ランニングしても良い状態なのかも判別出来ます。
スクワットで異常な程疲れてしまったり、目安として10回やってみて非常に負担を感じるのであれば、それは体重が重過ぎる証拠です。
その体重のままランニングを始めた場合、余りにも膝や足腰に負担が掛かり過ぎてすぐに怪我をする危険性があります。ダイエットのためのランニングをするためのダイエット…というとおかしな話に聞こえますが、少し摂生してからランニングを始める方が良いかも知れません。
そうでなければ、足腰に負担の掛からない水泳などから始めるのも良いです。
このようにして、ランニングを始める前に出来る限り体を整える事が先決です。
正しい知識を持ち、有効な方法を継続していきましょう。

ダイエットサプリ ランニング・・・発芽玄米ダイエットを続けています。

最近、発芽玄米ダイエットを始めました。

やってみるとそれほど苦にならないダイエット方法で続けられています。
1ヶ月やってみて効果は1kgです。

発芽玄米ダイエットの効能と実践方法をご紹介します。

■発芽玄米の効能

玄米と発芽玄米は微妙に違います。
「発芽」というように玄米を水につけて発芽させたものです。
自分で水につける必要はなく、市販品でも発芽玄米として購入できます。
発芽玄米は玄米に比べて醗酵がより進んだ状態で食べられるので、体内の酵素として取り込まれ、体内の酵素の働きを助けてくれます。
ギャバというアミノ酸が豊富に含まれており、中性脂肪を燃焼する働きがあります。
また玄米には食物繊維が豊富に含まれているので便通の効果が期待できます。

■発芽玄米ダイエットの実践方法

基本的に毎食のご飯を発芽玄米に変えるだけです。
噛みごたえがあるので、よく噛むことで満腹感を得られます。
私の場合、朝食はいつも取らないのですが、発芽玄米とお味噌汁だけで食べることにしました。
カロリーを摂ることになるので太るかもしれないなと思っていたのですが、食べるようになってから便通が午前中に必ず現れるようになりました。

この基本的な実践方法で1週間ほど経つと、朝の便通がよくなってきました。
また胃腸の調子が良くなり朝の胸焼けも少なくなって、日中の体調が良くなることを実感しました。
これまでは胃腸の調子というかリズムが悪い感じがして、変な時間に空腹になって困っていました。
胃腸の調子が良くなると、3食きちんとした時間にお腹が減るようになってきたので、これも調子が整ってきた実感となって現れてきました。

■少しアレンジ

少し経って、自分なりに実践方法を工夫してみようと思いました。
毎日発芽玄米だとさすがに白米が恋しくなります。
お昼のお弁当はずっと玄米を続けていましたが、昼食、夕食合わせて1日1回食べるように変えました。
また、レシピを見ていると普通に炊くよりも圧力鍋で炊いた方がもちもち感が増すということを見て試してみました。・
これがすごく美味しくて、以降は圧力鍋を使って炊くようにしています。

発芽玄米は日常の和食の中での工夫で出来るダイエット方法なので、長く続けられると思います。

ダイエットサプリ 効果あり・・・海藻ダイエットを実践しています。

最近、海藻ダイエットを始めました。
すごく簡単なダイエット方法なので、長く続けられそうな気がしています。

海藻ダイエットの内容と実践方法を以下のような感じです。

・海藻の効能
海藻に含まれるフコイダン・アルギン酸は質の吸収を抑える働きがあります。
また一番知られているのは食物繊維が豊富なこと。
便通がよくなること、また胃腸の調子がよくなる働きがあります。
また海藻に含まれるフコキサンチンは、脂肪細胞内のたんぱく質成分に働きかけて脂肪を燃焼させる効果があり、これもダイエットにつながります。

・海藻の量
海藻は低カロリーなので基本的にいくら食べても大丈夫です。
でも100g以上などの過剰摂取はヨウ素の摂り過ぎになるので控えます。

・海藻ダイエットの実践方法
海藻ダイエットは毎食に海藻を使った料理を食べます。
酢の物でもお味噌汁でも何でも構いません。
インスタントのわかめスープなどもお手軽だと思います。
私の場合も、会社での昼食ではインスタントのわかめスープとわかめのふりかけを使いました。
夕食は比較的時間があるので、もずく酢やわかめの酢の物、わかめスープなどを一品加えました。

他の食事は特に変えず、海藻を食べるようにしただけなので、食事が健康的になってむしろこれでダイエットになっているのかな?というくらいの感触でした。

でもこの方法で2週間ほど続けると、朝の便通がよくなってきました。
前日少し食べ過ぎても、朝の胸焼けが少なくなり、日中の胃腸の調子の良い状態が持続しているので、通常の食事量で満足感が得られるようになってドカ食いが減りました。

そして1ヶ月を経過した時点で1.0kg、3ヶ月で3.0kg痩せることが出来ました。

本当に食事の量は変えず、海藻料理を足して食べていただけなので、身体の調子が良くなってくるとここまで効果があるのかと驚きです。
やはり胃腸の調子を整えて、便通の良い食生活を送ることが大切なのだなと実感しました。

これからも続けていこうと思います。